Amazonの2種類の広告を使って比較!スポンサープロダクト、ディスプレイ広告の用途とか

 

柳井 謙一

こんにちは!

柳井です。

 

Amazonで物販をしている人は、広告のタイプに「スポンサープロダクト広告」と、「ディスプレイ広告」の2種類あることに気付くと思います。

「ぐっ。。。横文字じゃ全然わからん!」

 

今回は、それぞれの違いと用途について、私が実際に使ってみた感想と、Amazonサポートセンターに問い合わた内容を踏まえ、解説していきます。


Amaozn広告は、ニッチ商品の販売者向け

アマゾン 広告

「Amazonは転売がメイン!ックネームのブランド商品を扱ってます」とかの場合、広告を使うことはあまりないと思います。

逆に、私の様にニッチなオリジナル商品を販売している場合、広告が必須です。

なぜなら、ニッチ過ぎて誰も知らないため、広告なしで売り出したところで誰にも見つけてもらえないからです。

 

Amaozon広告は2種類あるよっていう話

ピース

Amazonの広告には

スポンサープロダクト広告

ディスプレイ広告

の2種類があります。

 

どちらもクリック課金型ですが、それぞれ用途が異なるので、解説していきます!

スポンサープロダクト広告

低予算のクリック広告!

広告が掲載されるのは、関連キーワードの検索結果下部、または関連する他の商品ページの下部です。

イメージとして「定期的に配布される売り出しのチラシ」みたいな感じですかね。

 

どんなキーワードで、どんな関連商品に表示するのかは、マニュアルで自分で設定することも出るし、オートでAmazonの人工知能にお任せすることもできます。

(Amazon人工知能は非常に優秀なので、オートでもかなり効果的)

 

かなり優秀な広告で、500円とかの低予算でも反応が取れます。

入札額を10円とかに設定しておけば、全然お金もかからなんですよね。

ニッチ過ぎる私の商品には、欠かすことのできない広告で、半年以上あれこれ使い続けてます。

 

以下、用途について、Amazonサポートセンターから教わったこと

AmazonAmazon

スポンサープロダクト広告は、ページの下の方に表示されるため、お買い物を邪魔しない程度に、ムリなく自然に表示する広告です。

随時効果の確認は必要ですが、低予算で広告が打てるため、ニッチ商品を販売されている場合は、通年設定しておくことがオススメですよ!

柳井 謙一

なるほど!

つまりチョロチョロと火をつけていく感じですね!

②ディスプレイ広告

こちらは、ちょい高額なクリック広告!

広告が表示される場所は、トップページやカテゴリーページの上の方で、強制的に露出を高めるイメージです。

イメージとして「高速道路とかに掲げてある大看板」みたいな感じですかね。

 

めちゃくちゃ目立つところに表示できるんですが、スポンサープロダクトと比較すると、入札額がお高め。

私も試しに3,000円位使ったことがありますが、一瞬にして広告が終わってしまい…お札がフライハイ。

 

以下、用途について、Amazonサポートセンターから教わったこと

AmazonAmazon

ディスプレイ広告は、スポンサープロダクトと異なり、半強制的に上部表示させるような広告です。

予算がかかるので、むやみには使わないほうがいいんですが。

たとえば、他のネットショップですごい売れた商品をAmazonで新規出品する場合は、ディスプレイ広告を使うと効果的ですよ!

というのも、Amazonでは販売実績のある商品(つまりよく売れる商品)を、上位に表示させるからです。

売れる商品であれば、ディスプレイ広告で最初のテコ入れをすると、実績を一気に積むことができます。

販売実績を作ってしまえば、検索上位に上がり沢山の人に見てもらえるようになるので、広告がなくてもよく売れるようになります!

柳井 謙一

にゃるほど!

つまり、ボム投下ということですね!!

 

最後に、活用法のまとめ

ワンポイントアドバイス オススメ

以上、2種類の広告についてでしたが、まとめると

スポンサープロダクト広告:低予算、通年タイプ、小出し表示。

ディスプレイ広告:高予算、1時タイプ、強制トップ表示。

 

用途についてもまとめると、

  • 「売れるかどうか分からんけど、まずは露出高めたい!」という場合
    スポンサープロダクト広告でお試し。
  • 「これは絶対にいけるぜ!と思った時
    ディスプレイ広告で一気に勝負!

みたいな感じで使い分けましょう!

 

ちなみに私の愛するスポンサープロダクト広告については、別の記事でも紹介しているので、参考にしてみてください!

≫露出強化!スポンサープロダクトの感想とか効果とか【Amazon広告の設定方法】


ご拝読ありがとうございました。

コメントやご質問はお気軽に、ページ最下部にあるコメント欄よりお願いします。

柳井 謙一