Amazon-画像付きの商品説明の作り方【商品紹介コンテンツの編集】

柳井 謙一

こんにちは!

柳井です。

Amazonで商品を販売する際に、画像付きの商品説明を作っておくと販売訴求力が強くなります。

今回はこの画像付きの商品説明を作る方法、商品紹介コンテンツの編集について解説していきます。

初心者でも簡単に作れるので参考にしてみてください!

※Amazon出品大学(セラーアカウント必要)でも、同様の情報をご確認いただけます。


画像付き商品説明とは?

Amazonを利用される方は時々見かけると思いますが、商品ページ内の中段に出てくる画像付きの商品説明を指します。

画像付き商品説明

 

ちなみにスマフォでも表示されます。

商品説明スマフォ

 

画像付き商品説明を作ったほうがよい理由

Thumb, Up ok

画像付き商品説明を作っておくと以下2点で商品力がアップします。

  • 従来の商品説明文と比べ倍以上の文字数を書けるのでキーワードを沢山埋め込める
    ➡ 検索でヒットしやすくなる
  • 大きな画像や補足画像を表示することができるので商品の魅力を演出することができる
    ➡ 商品訴求力がアップする

 

画像付き商品説明の作り方

画像付き商品説明の作り方をステップバイステップで解説していきます。

Step1:  在庫画面より“詳細の編集”を選択

セラーセントラルの管理画面から“在庫ページ”に移動。

各商品の右端に“詳細の編集”ボタンがあるので“隣の小さな矢印”をクリック。

詳細の編集

Step2:  一覧表示される項目から“商品紹介コンテンツの編集”を選択

商品紹介のコンテンツ編集

Step3:  テンプレートを選択する

画像付き商品説明として4種類のテンプレートが選べますが、今回はテンプレート4を選んでみます。

テンプレートの選択

Step4:  画像と説明文を記入

テンプレートの記入フォーマットが表示されるので、画像と説明文を記入していきます。

フォーマットはブログ感覚で書けるものなので、htmlやCSSといった知識不要で記入していくことができます。

コンテンツ編集

実際に記入してみたのが

↓↓↓↓↓

フォーマット記入

 

TIPS

「画像サイズを調べるには?」

たとえば枠いっぱいに画像を使いたい時など、Googleクロームの“検証”機能が便利です。

※Firefoxの場合は、“要素を調査”機能

画像の枠にカーソルを合わせ右クリック ➡ 一覧表示された項目から“検証”を選択。 

検証

↓↓↓↓↓

すると画像がハイライトされ、吹き出しのなかにおおよそのサイズが表記されます。

画像ハイライト

Step5:  プレビューで内容を確認したら送信

記入が終わったら画面下にあるプレビューボタンを押して確認画面に映ります。

プレビュークリック

 

後はプレビュー画面に表示される内容を確認して、問題がなければ、“保存して送信”すれば作業完了です!

保存して送信

 

TIPS

「プレビュー画面でエラーになった」

アップロードした画像のサイズが大きすぎたり、文字数が大きすぎると“コンテンツの最大サイズを超えています。ファイルサイズを~ KB 削減してください。”という警告文が出てエラーになります。

その場合は編集画面に戻って画像サイズを小さくしたり文字数を減らしたりして調整しましょう。

TIPS

「作った商品紹介コンテンツは使いまわせる」

1度作った商品紹介コンテンツは、その内容をコピーして使いまわすことができます。

たとえば他の商品紹介コンテンツを編集する際、編集画面上の『既存の商品紹介コンテンツからコピー』を選択して、出てきた記入欄に既にコンテンツが作成されている商品のSKUを記入しましょう。

既存の商品紹介コンテンツからコピー

 

最後に

以上、Amazonでの画像付き商品説明の作り方でした。

ブログ感覚で作れるので初心者でも簡単ですね!


ご拝読ありがとうございました。

コメントやご質問はお気軽に、ページ最下部にあるコメント欄よりお願いします。

柳井 謙一