Amazonでキーワードやコンディション説明を一括変更する方法

柳井 謙一

こんにちは!

柳井です。

Amazonで商品を販売していると

「複数商品のキーワードや商品説明、コンディション説明を一括変更したい…」

と思うことってありませんか?

 

そんな時に便利なのがAmazon在庫ファイル。

ただ、なかなか使い方が分かりづらいんですよね…

 

そこで今回は初心者でもわかるように、Amazon在庫ファイルについて超簡単な使い方について解説していきます。

FBAでも出品者発送のどちらにも使える簡単な方法なので、サクッとみにつけて作業を効率化させていきましょう!

注)今回の方法は既にAmazonに出品(登録)している商品を一括変更する方法です。
新規出品する方法ではありませんので、予めご了承ください。


Amazonセラーセントラルからでもキーワード、商品説明、コンディション説明は変更できるが…

だるい あくび

キーワードや商品説明、コンディション説明はセラーセントラル管理画面から変更することができます。

ただ、この方法は出品数が少ないのであれば(10商品位まで)いいのですが、たとえば50商品とかになると結構大変で時間もかかります…

 

柳井 謙一

恥ずかしながら私自身、Amazonで出品しはじめ1年くらいはこの方法でやってました。

1商品ずつ画面を開いて変えていくので、かなり面倒なんですよね(苦笑)

 

そこで登場するのがAmazon在庫ファイル!

一括変更には在庫ファイルが欠かせない

在庫ファイル

 

Amazon在庫ファイルを使いこなせるようになると、

登録済み商品の一括変更が楽々できるるようになります。

 

たとえば

  • キーワードの一括変更
  • 商品箇条書きの一括変更
  • 商品説明の一括変更
  • コンディション説明の一括変更
  • 配送パターンやギフト設定の一括変更

etc…

といった感じで、ほぼ全ての情報が一括で変更可能です。

 

在庫ファイルのテンプレートはAmazon側で用意してくれてますので、下記のページよりダウンロードしましょう。

≫在庫ファイルテンプレート(Amazonヘルプサイトへ)

※ファイル形式はxlsのExcelデータです

 

ページに飛ぶと色んなファイルテンプレートがあると思いますが、今回は下の方にある『在庫ファイル』を使います。

テンプレートファイルは『在庫ファイル』と『在庫ファイル(マクロなし)』の2タイプがあると思いますが、基本的にどちらを使っても変わりはありません。

ちなみに私はマクロなしの方を使ってます。

在庫ファイル一覧

 

在庫ファイルは便利だけど使い方がイマイチわかりづらい…

視野が狭い 独学

ダウンロードしてみるとわかると思うのですが、在庫ファイルの難点として

  • 項目ごとにフォーマットが決まっていて記入の方法が分からない
  • 必須項目が多くて埋めるのが面倒

といったことがあり、正直使い方がよくわかないんですよね…

 

そこで私の方でなんとか簡単に使えないものか、Amazonサポートに問い合わせたり、実際に自分で検証したりしながら色々探ってみたのですが…

 

あったんですよね、簡単に使える方法が!

少し前置きが長くなりましたが、次項からいよいよ使い方を解説していきます。

 

超簡単!在庫ファイルの使い方

初心者マーク 若葉

私が調べた在庫ファイルの超簡単な使い方を、ステップ・バイ・ステップで解説していきます。

在庫ファイル初心者の方にもわかりやすく書いたつもりなので参考にしてみてください!

Step1: まずは在庫ファイルをダウンロード

先ほどのAmazonヘルプサイトから、自分が登録している商品カテゴリーの在庫ファイル(Excelデータ)をダウンロードします。

ダウンロードしたファイルをExcelで開くと6種のシート(はじめに、商品画像、データ定義、テンプレート、サンプル、推奨値)があるので、テンプレートのシートを選択します。

テンプレートを選択

Step2: 本当に必須な2項目のみ埋める

シートを開いたらまず先に必須項目を埋めていきますが、

ココでポイント!

すでにAmazonに登録している商品の情報を変更したいというだけなら、本当に必須なのは下記2項目のみです。

出品者SKU(item_sku)
アップデート・削除(update_delete)

出品者SKU(item_sku)

自分が変更したい出品者SKUを記入。

出品者SKU

ちなみにSKUの値はセラーセントラルの在庫管理画面から確認できます。

出品者SKUの値

アップデート・削除(update_delete)

既に登録し得ている商品の一部情報を変更する場合は、

必ず“PartialUpdate”を選択してください。

アップデート・削除

 

この2つの必須項目+自分の変えたい項目だけ埋めれば、

あとは基本的に空欄でOKです!

 

「え?他の必須項目は記入しなくていいの?」と思うかもしれませんが、

結論として「ほとんどの場合、記入しなくても大丈夫」です。

 

TIPS

厳密にはカテゴリーによって異なるようで、『ホーム(家具・インテリア・キッチン)』、『服&ファッション小物/シューズ&バッグ』、『食品&飲料』は私の方で実際にアップロードして問題ないことを確認済みです。

Q. なぜ他の必須項目は無視してもよいのか?

この辺について詳しいことは、私が実際にAmazonサポートセンターに問い合わせた内容を参考にしてみてください。

以下Amazonサポートセンターとのやりとり

 

柳井 謙一

本日は在庫ファイルについてお伺いしたいのですが。

AmazonAmazon

お問い合わせありがとうございます。

いかがいたしましたか?

柳井 謙一

在庫ファイルの必須項目ですが、『出品者SKU』と『アップデート・削除』の欄だけでも正常にアップロードできちゃったのですが、これってなんでなんでしょうか?

AmazonAmazon

はい。

必須項目についてですが『在庫ファイルをアップロードするために必須』という意味ではなく、『商品を新規で登録する際に必須項目を埋めないと出品扱いにならない』という意味のものです。

なので必須項目によっては埋めなくてもアップロードできる場合がございます。

柳井 謙一

なるほど。

じゃあ今回の私の様に、既に商品登録されている商品の任意の情報を変えたいという場合は、別に必須項目だからといってすべてを埋める必要はないということですね。

AmazonAmazon

そうですね。

正常にアップロードされているのであれば問題ありません。

ただしカテゴリーによっては、『出品者SKU』と『アップデート・削除』の欄だけでは正常にアップロードできない場合がございますので。

アップロード前になるべく在庫ファイルのチェックを行っていただき、正常にアップロードしても問題ないか調べていただければと思います。

※在庫ファイルのチェック機能については後述します

問題なくアップロードできるのであれば、必須項目の記入は不要です。

柳井 謙一

了解しました!!

ご丁寧な説明ありがとうございます!

また何かあったらお願いいたします。

AmazonAmazon

いえいえ。

それではまたのお問い合わせお待ちしております。

ありがとうございました。

 

というわけで繰り返しになりますが、既に登録されている商品の一部情報を変更する場合、

まず“出品者SKU(item_sku)”と“アップデート・削除(update_delete)”だけを埋める

↓↓↓↓↓
アップロードしてみて、エラーが出た場合は処理レポートを参考に他の項目も埋める

これが在庫ファイルを簡単かつ効率よく使うポイントです。

Step3: 変えたい項目を記入

あとは自分の変えたい項目だけ記入していきます。

たとえばキーワードなら、こんな感じです。

キーワード

 

TIPS

セラーセントラルの場合5段のキーワード欄があると思いますが、在庫ファイルにキーワードの欄が一つしかありません。

この件についてAmazonサポートに問い合わせたところ「1つの欄に全てのキーワードを埋め込んでも、5段を分けて使った場合と同じ効果がある」という回答をいただきました。

理由としては1段使おうが5段使おうが、キーワードの最大値(1000バイト)は変わらないからだそうです。

TIPS

注意 !

『商品のコンディション説明』を変える場合は、『商品コンディション』も選択

もし「商品コンディション説明を変えたい」という場合は在庫ファイル内の『商品のコンディション説明』に記入し『商品コンディション』も選択しましょう。

商品コンディションを選択しないと、後でアップロードした時にエラーが出ます。

商品コンディション説明

Step4: あとは在庫ファイルをアップロードするだけ

ファイルの記入が終わったら、あとは完成したファイルをアップロードするだけです。

セラーセントラル管理画面の最上部メニュー『在庫』から ➡ 『アップロードによる一括商品登録』を選択、開いた画面から『在庫ファイルのアップロード』タブをクリック。

アップロードによる一括商品登録2

↓↓↓↓↓

在庫ファイルのアップロードタブ

↓↓↓↓↓

画面が切り替わり『手順1 – ファイルをチェック』と『手順2 – ファイルをアップロード』、『全データを削除して置換』という3つの項目が表示されます。

※『全データを削除して置換』は今回割愛

ファイルチェック、アップロード

 

ここからファイルをアップロードしていくのですが、在庫ファイルに慣れていないうちは

①在庫ファイルをチェック ➡ ②問題がなければ在庫ファイルをアップロード

の流れで進めたほうがトラブルが起きにくくなります。 

 

クエスチョン

在庫ファイルのチェック機能とは?

Amazon在庫ファイルにはアップロードとは別に、在庫ファイルのチェック機能があります。

この機能を使うことで、事前にファイルに問題ないかを確認することができます。

ちなみにアップロードしたファイルにエラーがあるかないかは『アップロードによる一括商品登録』ページ内、『アップロードステータスの確認』タブから確認することができます。

アップロードステータスの確認

↓↓↓↓↓

エラーチェック

Step4: アップロードが完了したら反映を待つのみ

実際にアップロードしてしばらく時間がたつと、アップロードしたファイルの内容が商品ページに反映されます。

『アップロードステータスの確認』で正常処理が確認できたら、実際にセラーセントラル管理画面で商品に変更が反映されているか確認してみましょう。

正常処理を確認

↓↓↓↓↓

問題なく反映

 

無事に変更されてますね!!!

一念発起 やる気

 

最後に

いかがでしょうか??

私の方で実際に検証して確認済みの方法ですが、カテゴリーによっては正常にできない可能性があります。

もし上記の方法でエラーが出る場合は、処理レポートを参考に修正を加えてみてください。

 

ともあれ簡単な方法なので、ぜひお試しあれ!!


ご拝読ありがとうございました。

コメントやご質問はお気軽に、ページ最下部にあるコメント欄よりお願いします。

柳井 謙一