アンチ・グレー!-悪どい手法でなく、真っ当な手法で稼ごう

 

柳井 謙一

こんにちは!

柳井です。

 

情報商材やコンサルに手を出しまくってきた経験上、ぶっちゃけ出回るノウハウの大半はグレーな手法かもしれません。

それでも、わずかながら真っ当な手法というのは存在します。

 

今回はグレーな手法の特徴と真っ当な手法について解説しながら、グレーな手法を選ばないという選択肢について考えて欲しいなと思います。


グレーな手法

グレーな手法

 

なぜグレーな手法が沢山出回るのか?

答え「稼ぎやすい」からです。

 

グレーな手法について、その特徴を見てみましょう。

1. グレーな手法の事例

以下、グレーな手法について具体例を2つ挙げてみるので、参考にしてみてください。

物販におけるグレーな手法

たとえば、国内で利用禁止になっている海外製品を輸入して、転売するというノウハウがあります。

このノウハウは稼ぎやすいのですが、利用が禁止されている海外製品の中には国内での人気が高い商品がいくつもあり、かつ販売する競合が少ない(禁止されている物を好んで売る人はいないから)ことが理由です。

そのため仕入て販売するだけで利益を出せるという特徴があり、実際に私が昔受けたAmazon転売コンサルで、この手法を勧められたことがあります。

もちろんやりませんでしたが。。。

 

TIPS

「その商品は大丈夫? 海外のwi-fi、bluetooth機器」

国内で禁止されていて人気が高い商品として、海外のwi-fiやbluetooth機器が上げられます。

これら電波を発する機器を国内で販売するには、本来は技術基準適合証明(技適)を取得する必要があり、技適を取っていない商品に関しては販売してはいけません。

ところが市場には大量に規制を無視した商品が出回り、現にAmazonや楽天も平気で売られてたりします。

 

ユーチューブにおけるグレーな手法の例

最近人気を呼んでいるユーチューブで稼ぐノウハウ。

出回っているノウハウの多くが、他人のブログ記事をコピペでどんどん動画にしていくという手法で、著作権もへったくれもありません。
(画像についても無断転載ががほとんど)

にもかかわらず、元手0からはじめられ、コピペだけの単純な作業でも一定数の動画をあげてしまえば確実に稼げることから、初心者に人気だそうです。

 

2. グレーな手法は短命

ルールを無視したやり方が出回りすぎて規制がかけられたり、同じようなことをする人が増えすぎて稼げなくなってきたりと。

稼ぎやすいグレーな手法ですが、その分、非常に短命です。

個人的な印象ではありますが、2~3年もすれば、グレーな手法の大半が死滅していくように感じます。

 

たとえば、BUYMA(アパレルのショッピングサイト)で劣悪な中国アパレルの販売が流行った時期がありますが、あまりにもクレームが拡大したことで、現在はBUYMA側で規制がかけられているようです。

他にも最近ではユーチューブ側で著作権を無視した動画の取り締まりが強化されたりと、結局はグレーな手法では長くはもちません。

3. グレーな手法では、本質的な力が身に着かない

グレーな手法というのは、言い換えれば比較的簡単に楽に稼げる手法。

つまりスキルを必要としない手法で、スキルが磨かれることもないということです。

そのため、一度でもグレーな手法が通じなくなると、スキルがないまま再び0からスタートしていく必要があります。

 

真っ当な手法

真っ当な手法 誠実

 

個人的には、ビジネス初心者だとしてもグレーな手法ではなく、最初から真っ当な手法を選ぶことを強く推奨しております。

それでは、真っ当な手法について、いくつか特徴を見てみましょう。

1. 稼ぐまでに時間がかかる

真っ当な手法を実践してみるとわかることですが、グレーな手法と比べ実際に稼げるまでに時間がかかります。

理由として、目先の利益を捨て、本質的なスキル習得と仕組み作りに労力を注ぐからです。

かかる時間は個人差がありますが、たとえば半年とか1年とか、人によっては3年~5年かかることも合ったりします。

2. 本質的なスキルが身に着く

真っ当な手法はグレーな手法とは違い、一過性ではない本物のスキルが身に着きます。

たとえビジネスが駄目になったとしても、身に着けたスキルが失われることはありません。

他のビジネスにスキルを応用して再スタートを切れば、最初から段違いで駆け上がっていくことができます。

3. 長く稼げる、成長し続ける

稼ぐまでに時間がかかる真っ当な手法ですが、一度スキルが身に着き、仕組みさえ出来上がってしまえば、長期にわたって安定的に収入を生み出せるようになります。

私自身、真っ当な手法で物販ビジネスを展開してきましたが、1年目こそあまり稼げなかったものの、2年目以降から順調に安定した金額を稼ぎ続けてきました。

現在で物販ビジネスは4年目ですが、今も売り上げは伸び続けています。

最後に

私にも経験があることですが、ビジネスで失敗と成功を繰り返していくと、最初から真っ当な手法に取り組むのが一番早いということに気づく瞬間があります。

確かに、真っ当な手法で最初から大きく稼ぐことは難しいかもしれません。

それでも、これからビジネスに取り組もうとされているあなたは、最初からあくどいグレーな方法ではなく、誠実な心構えで真っ当な手法を選んで欲しいなと思います。


ご拝読ありがとうございました。

コメントやご質問はお気軽に、ページ最下部にあるコメント欄よりお願いします。

柳井 謙一