柳井 謙一

こんにちは!

柳井です。

今回はチラシなど販促物の効果的な配布方法と手順について解説していきます。


STEP1:販促の目的を明確にする(Why)

前の記事でデザインの目的を決めるということを解説しましたが、まずは販促物・広告でどのようなことを実現したいのかをはっきりさせましょう。

 

 

目的

 

 

あまりコストがかからないのであれば、お試しでやってみるのもいいのですが、やはり目的と実現のためのプランが明確であればあるほど結果も出やすくなってきます。

 

柳井 謙一

私も今でもたまに「なんとなく~だったらいいな」という考え方で販促をしてしまうのですが、望む結果を得ることができない場合がほとんどです。

 

STEP2:誰に販促を行うのかを決める(Who)

こちらも前の記事でお伝えしましたが、これから販促をかけようとする対象人物(ターゲット)はどんな人なのかを明確にしておくということです。

≫誰のためのデザインなのか

 

ターゲット 対象人物

 

ターゲットがどんな人かわかっていれば、属性に合わせて掲載する情報、色使いや文字の大きさが選べるようになります。

お客さんにとって魅力的な情報を掲載することは言うまでもありませんが、デザインをする際には思いやりと伝わりやすさを重点的に意識しながら組み立てていきましょう。

 

STEP3:どのように販促物を配布するのか決める(How)

目的と対象が決まったら、今度は販促媒体と配布方法・設置場所を決めていきますが、ターゲットの属性に合わせ選ぶことが重要になってきます。

 

配布 販促

 

例えばターゲットの属性が家族でチラシを販促媒体にした場合、住宅街にエリアを絞った新聞折り込みを使うか、スーパー等の広告スタンドにチラシを設置してもらうのが最適になります。

 

チラシで一人暮らしを対象とするのであれば、新聞を取っていない可能性があるため、新聞とは別のポスティング業者に配布してもらいます。

この場合、配布場所を駅前のワンルームタイプのアパート、マンションに絞り、なるべく一人暮らしの人がいそうな所を選びます。

 

このように自分が対象とするお客さんに確実に届くよう、配布方法と配布場所を入念に選定していきます。

 

STEP4:掲載する情報の選定、デザインの調整(Design)

販促の目的、ターゲット、媒体と配布方法(設置場所)を踏まえ、掲載する情報の選定とデザインの調整を行います。

 

デザインの調整

 

折り込みチラシなどの場合、大量のチラシに混じるわけなので、一瞬で惹きつけないとすぐに捨てられてしまいます。

 

写真などを掲載し目を惹きつけたうえで、簡潔な文章を大きく見せ本当に伝えたいことだけを伝えるようにしましょう。

あれもこれも読ませたいと思い詰め込んでしまうと、本当に伝えたいことすら伝わらなくなってしまいます。

 

これだけは読んでほしいということを短文で大きく掲載し、後は読まれなくてもよいというくらいの気持ちで小さく掲載する。

こうすることで情報に強弱が付き、強い部分の伝達スピードが速くなります。

 

柳井 謙一

小手先ではありますが、他のチラシと紙の色を変え差をつけたりするのも効果的です。
例:白い紙のチラシが多いのであれば、赤い紙を取り入れるなど

 

STEP5:配布して反応を探る(Feedback)

配布後は、しっかりと効果測定をしましょう。

販促機関の売上を確認したり、チラシなどの場合はクーポンをつけたりしておくと測定がしやすくなります。

また単に数字上のデータを追うだけでなく、可能であれば販促に対するお客さんからの意見・反応も集めましょう。

 

効果測定

 

例え思うような結果が出なくても、効果測定をして反省点がわかれば次回に活かせます。

 

柳井 謙一

戦略的な配布方法について解説をしてきましたが、最初から100%の結果を得ることは難しいので、まずはコストのかからない販促方法を試してみて下さい。

くれぐれも甘い声に乗せられ、高額な販促に引っ掛からないようにご注意くださいね!


記事が役に立ったと思う方は、シェアをしていただけると非常に喜びます。

コメントや質問があれば、下記のコメント欄よりお願いいたします。

柳井 謙一