浪費癖の治し方---28年間無貯金の私でも貯金ができるようになりました

柳井 謙一

こんにちは!

柳井です。

 

「まったく貯金ができない…」
「貯金できたとしても1万円くらいがいいとこ…」

これが以前の私で、28歳の時まで貯金というものとは無縁でした。

予期せぬ大きな出費(住民税とか車両税とか)があるとギリギリすぎて、ひどい時なんか給料を前借りしたことも(苦笑)

 

ところがあることをきっかけに浪費癖を治すことができ、多い年は年間で100万円貯めることができるようになりました。

28年間無貯金の私でさえ治せた浪費癖は、誰でも治せるとはっきりと断言できます!

 

今回は私が浪費癖を治した方法について解説していきます。


「貯金ができない…」は無意識的な浪費癖によるもの

考える 悩む

「あれ?あのお金、何に使ったけ…?」

浪費癖がある人は、たとえば5万円の臨時収入が入ると、すぐに「何か買おう!」という考えになり無意識的にお金を使うので、「いつの間にかお金が無くなっている」ということになります。

 

無意識的な浪費癖が習慣になってしまうと、お金が貯まることは一生ありません。

貯金が出来るようになった今でこそわかることですが、私が28年間の無貯金だったのは、この浪費癖によるものでした。

 

お金に対する考え方を変え、浪費癖を治す

お買い物 浪費

当時、貯金ができなかった私の周りに、同じような収入で同じような生活をしていながら200万円を貯めているT君という友人がいました。

年齢的にも貯金がないことに不安があった私は「いったいT君はどうやってお金を貯めているのか?」ということが気になり、T君に貯金のアドバイスを求めることに。

お金に対する私の考え方を変えた2冊の本

T君に相談した際、T君は自身が愛読する2冊の本を私に紹介してくれました。

それがこの2冊。

 

バビロンの大富豪

イヌが教えるお金持ちになるための知恵

 

左の『バビロンの大富豪』は名著と呼ばれる一冊です。

右の『イヌが教えるお金持ちになるための知恵』そこまで有名な本ではないのですが、お金について小学生でもわかるような内容が書かれていて、個人的に非常に読みやすかった一冊です。

 

内容について詳しくは本を読んでいただきたいのですが、以下2つのことについて書かれてます。

① 浪費癖を正す考え方について
② 正しいお金の運用方法(投資)について

※ちなみに『バビロンの大富豪』ではお金に関する原理原則的な考え方が書かれていて、『イヌが教えるお金持ちになるための知恵』ではより実践的な内容が書かれてます

 

この2冊を熟読したことで、お金に対する私の考え方は180°変わりました。

浪費癖が治ったことで、貯金ができるように

お金 貯まる

本で特に印象的だった部分は、古代から今も変わらないお金に関する原理原則で、

『お金を手放すのではなく、お金を働かせる』

『お金を働かせれば、金貨を連れて戻って来る』

『お金はお金があるところに集まってくる』

という考え方です。

 

この考え方に強烈なインパクトを受けた私は、何度も何度も本を読み込み、この考えを脳みそにインストールしていきました。

するとお金に対する考え方が徐々に変わっていき。

いつのまにか「何にお金を使ったけ?」というような浪費癖は完全になくなり、最初の年から30万円の貯金、次の年では100万円を超える貯金ができるようにまでなりました!

今、浪費癖から抜け出せないあなたに、この2冊がオススメです!

ワンポイントアドバイス オススメ

逆にお金が貯められるよになった今は、周りから「貯金ができない」という相談を受けることが多いのですが、その際には必ずこの2冊をオススメしてます。

 

もし自分は浪費癖が習慣化してしまっているということであれば、ぜひこの2冊を買って熟読してみてください。

28年間の無貯金生活から脱却した私が胸をはってオススメします!

 

柳井 謙一

私事ですが、先日、姉と弟にもこの2冊をプレゼントしました。

(読んでくれてるかな…)


ご拝読ありがとうございました。

コメントやご質問はお気軽に、ページ最下部にあるコメント欄よりお願いします。

柳井 謙一