30年間彼女ゼロの私に、どうやって彼女ができたのか?

 

柳井 謙一

こんにちは!

柳井です。

 

私事ですが、30年間彼女というものがいませんでした。

30年って結構長くないですか??

 

そんな私にも、31才の時に彼女ができて春が訪れるわけですが。

今回は、どうやって私が初の彼女を手に入れたのか?

自伝的な内容をおおくりします。

文章もごちゃついてるので、こんなやつもいるんだなという程度に、軽く読み飛ばしてみてください。

 

※ちょっとだけ補足すると、中3の時に一瞬だけお付き合いした人がいます。

デートは1度しかしてませんけどね!


モテに目覚める20代

ショック

私がとくに女性に興味を持つようになったのは20代の時。

もちろん中~高校生のころも、女性に興味はありましたよ。

ただ、本気で「モテたいっす!」と思ったのは、このころが一番強かったかなと。

 

ちなみに、この時の私の脳内といえば

「うおーーー女と付き合いてーーー!!!」→「飯」→「寝る」
→「うおーーー女と付き合いてーーー!!!」→「飯」→「寝る」

ひたすらこのループでした。

 

彼女ができずに、周りから取り残される

モテたい

そうして迎えた青春の20代。

周りの友人たちが、どんどん彼女を作り始めるわけです。

 

私は「アイツらに彼女ができたんだから、そのうちできるだろう」とか、

ちょっと上から目線で甘い考えを持っていました。

 

 

ところが1年、2年、とんで5年経っても彼女ができない。

 

うすうす「あれ、俺ってモテないのかも」と感じはじめたころ、高校の時にはパッとしなかった友人から追い打ちをかけるかのように、「柳井!彼女ができた!」と聞かされます。

 

この時の感覚といったら!

「こいつには負ける心配ないな」と思っていた相手に、猛スピードで抜かれていく感じ。

分かる人には分かると思います。はい。

 

本気でモテてやる!と決意するも

モチベーション 失敗の対処法

そんなショッキングな出来事もあり、私は「本気でモテてやる」と思うようになります。

本気だったので、恋愛教材を何十冊も買いあさり、一時期はナンパに明け暮れた日もありました。

≫3日間で100人以上をナンパして得られたもの【主体性に欠かせない挑戦心と勇気の磨き方】

 

 

でも、やっぱり彼女ができない。

 

そうして20代も終わりに近づくわけですが。

もう半ばあきらめムードが漂い「我が人生に一片の彼女なし」と、悟りマインドが芽生え始めます。

 

28歳で田舎に移住して、モテの意欲が減少

移住者

そんなこんなで、モテることしか考えてこなかった私ですが。

28歳の時に、当時勤めていたブラック企業を退社し、憧れの田舎に移住をします。

 

柳井 謙一

田舎に引っ越す前、当時好きだった女性に

「田舎暮らしするから、一緒に行こう!」

と言ったら

「え~無理」

1秒で返されました。

 

ちなみに田舎は、人口自体が少ないので女性を見る機会が激減します。

目の保養ができないし、田舎のようなスローライフだと、一人でも結構満足しちゃうもので。

女性に対しての興味はどんどん薄れます。

田舎暮らし2年目を迎えるころには、「一人でも心地よいから、彼女いらないかも…」なんてことを考えたりしてました。

 

3人の女性と出会う

パーティー

と、こ、ろ、がですよ!

田舎暮らし2年目にして、なんと一気に3人の女性に出会う機会に恵まれることに!

 

その出会いとは、

たまたま参加した、村興し的なパーティー

私が開催したデザイン講座

によるものです。

 

久々の出会いにテンションMAXになった私は、「ご飯ごちそうするからデートしよう!」みたいな感じで、3人の女性に直球の誘いをかまします。

ありえないくらい下心丸出しだったと思いますが、相手も「ご飯食べれるなら、いっか♪」とか軽いノリで気軽に応じてくれることに。

 

久々のデート、女神との出会い

女神

1年というブランクを経て、久々のデートはどうだったかというと。

「俺って、こんなに緊張する方だったけ」

というくらいガチガチに緊張して、空気の読めない発言を連発。

その後は、お決まりのパターンで、女性のうち2人(村興しパーティー)はというと、早々に音信不通になります。

 

ところが!

神は私を見捨てませんでした!

最後に残った1人の女性(デザイン講座)が、まさに女神のような人で、空気の読めない私のデートに何度も応じてくれるんです!

 

まぁデザイン講座の受講生だったので、さすがに音信不通とはいかなかったでしょうしね。

 

女神との攻防戦

攻防戦 闘牛

この女神のような女性と何度かデートを重ねるうちに、いつしかお互いの緊張がほぐれ、中がどんどん良くなっていきます。

といっても、すぐに付き合えたわけではなく、

仲良くなってから2年くらいは友達止まりでした。

 

柳井 謙一

ちなみに、当時のことを彼女に聞いてみると

  • 顔が不細工!
  • ファッションがダサい!
  • 性格が男くさすぎて無理!
  • 付き合うとか絶対無理!

ふぁっくゆー!

 

ところが、何を勘違いしたのか、私は「仲良くなっている=付き合える兆候」と考え、あきらめずにアタックし続けるわけです。

もはや闘牛(私)と闘牛士(彼女)の華麗なる戦い。

大いなる勘違いを片手に、時には剣で刺されながら。

私は、あきらめずに赤いマントに向けて突進し続けました。

 

戦いの結末、そして今

勝利 愛

そうして猛アタックを繰り返すこと2年。

幾度となく攻防戦を繰り広げ、

最終的には彼女が根負けして、お付き合いするに至りました。

 

この方が私の人生初となる彼女で、最初にして最後の彼女かもしれません。

今、振り返ると、あのころ大きな勘違いはデカかった!!

 

いまはお付き合いして2年目ですが、かなり仲良くやっています。

あいかわらず「ブサ男」と言われておりますが、私の場合、顔に一切のコンプレックスがないのでネタにしかなりません。

ケンカはよくしますが、すぐに仲直りするので、あまり大事になることはありません。

私事で恐縮ですが、近いうちに結婚も考えてます。

 

付き合うより、いかに長く付き合うかが大切

カップル

これは私が女性と付き合ってみて感じていることですが、

「付き合うまでも大変だけど、長く付き合うことはもっと大変」

ということです。

 

とくに私のように一人の時間が長い人間の場合、単純に1人の時間が減るわけで、付き合い始めはそれだけでストレスを感じます。

さらに、自分では気にしていないことでも、相手が気にすることがあり、よく怒られるようになります。

 

柳井 謙一

たとえば

  • ファッションがださい
  • デブデブデブ
  • 動きがゴリラ
  • 鼻くそほじる

などなど

 

こんなの1人だったら全然気にならないじゃないですか!!

なので私自身、付き合い始めて1年目とかは、「また1人に戻りたい」と思うこともしばしばありました。

 

お付き合いから、得られる恩恵

カップル 恋愛

でも、やっぱりパートナーがいることで得られ恩恵は大きく、たとえば

  • 遊び(旅行とか)は2人の方が断然楽しい
  • つらい時はがっちり支えてくれる
  • 夢に向かって強力しあえる
  • 自分の欠点を指摘してもらえるようになり、人格的に向上していく
  • 一緒にいるということが単純に幸せに感じる

などなど

1人では絶対に得られないものを、パートナーとの関係から得ることができます。

 

長く付き合うためのカギ

鍵

私は長く付き合うためには、

「相互理解を深め、相互に尊重しあう」

この姿勢が絶対に必要だと思ってます。

 

人間というのは感情的な生き物で、その時の感情に判断を任せてしまいがちです。

私もですが、一時の感情に流され、後で後悔することってよくありますよね。

感情に流されず、つねに相手の理解に努めることは本当に難しくて時間のかかることですが、人生をかけてもやる価値はあると私は思ってます。

 

今、彼女がいないで悩んでいる人へ

アクション 玉

まずは小さくてもアクションを取ってみましょう。

たとえば

  • 行きなれていないバーに顔を出してみる
  • 恋愛サイトに登録してみる
  • 料理教室などに参加をしてみる

など

 

私自信、何の気なしに開催したデザイン講座で、今の彼女と出会いました。

小さな出来事が、のちにどのような結果になるかは誰にも予想できないことです。

彼女ができないと悩み続ける前に、勇気を出して小さな一歩を踏み出してみましょう!


ご拝読ありがとうございました。

コメントやご質問はお気軽に、ページ最下部にあるコメント欄よりお願いします。

柳井 謙一