貯金よりも投資!-初心者向け、正しい投資の考え方-【具体的な投資方法まで】

柳井 謙一

こんにちは!

柳井です。

 

もし今あなたが

「貯金はできるけど、なかなかお金が増えないな…」

「もっとお金を増やせる方法はないかな…」

というようなことを考えているのであれば、“正しい投資思考”を身に着け実践していくことがオススメです。

 

今回は、この投資思考と具体的な投資方法について解説していきますが、

私はこの投資思考を身に着け実践したことで、1年間でビジネスを構築して、2年間で月商2,000万円まで発展させることができました。

28歳まで無貯金だったので、私が資産形成ができた唯一の思考方法といえます。

 

といっても何も難しいことではなく原理原則さえ身に着けてしまえば誰でもできるので、ぜひ参考にしてみてください!


そもそも投資とは?

投資とは『お金を運用して、お金を増やす』というシンプルなもので、

お金を素早く増やすためには投資が欠かせません。

 

TIPS

正しい投資思考を学ぶ良書として、前回の記事でも紹介したこちらの2冊がオススメです。

バビロンの大富豪

イヌが教えるお金持ちになるための知恵

左の『バビロンの大富豪』名著と呼ばれる一冊。

右の『イヌが教えるお金持ちになるための知恵』は、お金について小学生でもわかるような内容が書かれた非常に読みやすい一冊。

 

貯金よりも投資

貯金よりも投資

前回の記事を読んでくれた方の中には

「浪費癖がなおり、いざ貯金!」と思う方もいるかもしれませんが、

貯金だけでお金が増えることはありません。
(なんていっても銀行預金はゼロ金利ですからね)

前回の記事はコチラ↓↓↓

≫浪費癖の治し方 – 28年間無貯金の私でも貯金ができるようになりました

 

先ほど紹介し2冊の本で書かれていたことを引用すると、

『お金を手放すのではなく、お金を働かせる』

『お金を働かせれば、金貨を連れて戻って来る』

『お金はお金があるところに集まってくる』

 

つまり浪費せずにストックしたお金はあくまでも働かせる事が大切ということで、これが“投資の本質的な考え方”です。

 

TIPS

貯金のリスクを考えてみよう

「そうはいっても、やっぱり貯金が一番手堅いでしょ!」

という声が出てきそうですが、年金カットやインフレの可能性がある今の時代、いつお金の価値が下がってもおかしくはありません。

さらに日本は借金大国。

借金を取り戻すために、政府が太平洋戦争直後に行った“預金封鎖”の恐れさえあります。

さすがに預金封鎖は言い過ぎかもしれませんが、10年後にお金の価値が半分になってしまうということは可能性として十分あることです。

 

投資は『自分で勉強して、自分で調べ、自分で選ぶ』

投資は『自分で勉強して、自分で調べ、自分で選ぶ』

実践的な投資法について解説する前に大前提として

投資をするなら『自分で勉強して、自分で調べ、自分で選ぶ』ということを頭に入れておきましょう。

楽に稼げるという甘い話はない

よくやりがちなのがロクに勉強もせずに銀行の言われるままに投資をしてしまい、損が出た時など何が起こっているのか把握できず、どうしたらよいかも分からずにアタフタしてしまうケースです。

『他人の言うことを鵜呑みにしてしまう』

これでは投資というよりは、ギャンブルになってしまいます。

 

営業マンの甘いささやきに誘われそうになった時は『楽に稼げるという甘い話はない』という言葉を思い出し、事前に自分で調べる癖を身に着けておきましょう。

自分で勉強して調べておけば、正しい判断ができる

私が初めて投資をした時はまず勉強をして(先ほどの2冊を熟読)、詳しい友人にアドバイスをもらったり、自分で調べたりしながら入念に投資先を選びました。

そのせいか、嫌な思いをしたりモヤモヤした気分になることが一度もありません。

もちろん時には損をすることもありますが、自分で選んでいるので納得感も違いますし、ちゃんと勉強して調べているのでどう対処したらよいか自己判断できます。

(投資信託で投資の価値が下がってきた時ほどチャンスだったりするんですが、これはまた機会があれば別の記事で)

 

繰り返しになりますが

「しっかりと自分で勉強して自分の目と耳で調べ、納得したうえで投資する」

これが投資において、非常に重要ということを覚えておいてください。

 

『お金を働かせる』という考え方を身に着けよう

投資信託

これはビジネスをしている人なら当たり前のことですが、個人ではなかなか触れられない考え方です。

そこで先ほど紹介した2冊がこの考え方を身に着けるうえで役に立つのですが、個人でも投資を学べる最高の良書なので、ぜひ読み込んでいただき投資思考を身に着けていただければと思います。

 

本を熟読して、

『お金を働かせる』

この考え方がしっくりき始めれば、投資思考が身に付いてきた証拠。

少しずつ投資を実践してみましょう!

 


それでは具体的な投資の実践方法について解説していきます。

※私の経験に限ったお話なので、もしかしたらよりよい投資方法があることを念頭において読んでいただければと思います。

投資方法①『投資信託』

投資信託

初心者にオススメの投資方法が投資信託です。

私自身、初めての投資はFXでも株でもなく投資信託から始めました。

というのも投資信託の方が少額で始められ、プロに任せて運用してもらえるためリスクが低いからです。

 

3年位運用して実績を見てきたのですが、オススメは

①ひふみ投信(多少リスクはあるもののハイリターン)

②セゾン投信(手堅いリターン)

この2つです。

 

特にひふみ投信のリターンはダントツで、実際に年間で10万円のリターン(元金60万円)ということもありました。

(ここまでのリターンを得るには投資の仕方にもコツがあるのですが、それは後述していきます)

 

TIPS

投資信託とは?

預けたお金を代わりに運用してくれるというもので、預けたお金で利益が出た時だけ投資信託会社に手数料を納めます。

手数料は投資信託会社によってまちまち。

最初はなるべく手数料が安いところを選ぶと良いと思います。

投資信託について詳しくは、下記サイトに書かれているので参考にしてみてください。

≫そもそも投資信託とは?(一般社団法人 投資信託協会)

 

投資方法②『ビジネス』

ビジネス

サラリーマンや主婦の方は投資方法として、副業感覚でビジネスを始めてみるのも良いかとおもいます。

私もサラリーマン時代にお金を貯めて、ビジネスを一つの投資として始めました。

 

たとえば3万円位で何か商品を開発して、それをAmazonや楽天、minne、Creemaで販売してみる。

全部売れなかったとしても、5万円くらいのリターンが得られれば、これも立派な投資になります。

最悪売れ残ったとしても格安で販売すればいいわけで、そこまでリスクが高いわけでもありません。

 

TIPS

初心者がビジネスをするなら物販がオススメ

ヒット商品になれば元金が1年間で何十倍にもなって帰ってくるという可能性があります。

実際に私の場合初めて8万円で作った商品が順調に売れて、年間で50万円のリターンを得られたという経験があります。

ビジネスに迷ったら、物販から始めてみましょう!

 

投資方法③『自己投資』※最強にして最高の投資法

自己投資 コンサルタント

最後の投資方法として自己投資があげられます。

これは知識やスキル習得に投資をするというもので、本やコンサルが上げられます。

 

個人的には自己投資こそが最強にして最高の投資法と考えており、特にコンサルに投資した時の費用対効果の高さは上記2つの方法と比べても圧倒的です。

コンサルでは指導者のもとで、ノウハウ・知識(たとえばアフィリエイトやデザイン、物販、メルマガなど)を確実というレベルまで落とし込むことができるため、教え通り実践することができれば何十倍どころか何百倍ものリターンが高い可能性で戻って来ます。

 

柳井 謙一

ちなみに私の場合、年間で100万以上は自己投資に使います。
※2016年は400万くらいぶっこみました

現在まで累計でいくら自己投資に使ったのか、はっきり覚えているわけではありませんが、自己投資をし続けたからこそデザイナーとしても起業家としてもかなり稼げるようになったのは間違いありません。

まとまった金額が必要になるコンサルは貯金する間こそ大変ですが、一気に化ける可能性があるので是非チャレンジしてみてくださいね!

 

最後に

いかがでしたでしょうか??

今回は原則的な内容だけを中心にお伝えしましたが、本当にこれが一番大切だと考えてます。

投資を考えるているのであれば、ぜひ事前に正しい投資思考を身に着けてから取り組んでいきましょう!


ご拝読ありがとうございました。

コメントやご質問はお気軽に、ページ最下部にあるコメント欄よりお願いします。

柳井 謙一