『Really-Simple-SSL』サイトを5秒でSSL化させるプラグイン!

柳井 謙一

こんにちは!

柳井です。

あなたが運営しているサイトは、SSL化されてますか??

最近ではグーグルなんかもSSLを推奨しております!

まだという方は、今回紹介するプラグインでサクッとSSL化させちゃいましょう!


『Really Simple SSL』とは?

Really Simple SSL

≫Really Simple SSL

 

WordPressサイトを、一瞬でSSL化させる超便利なプラグイン。

サイトのSSLに関して色んなブログでややこしい説明がされていますが、基本的にこのプラグインを入れるだけなので超簡単です。

 

注意

『Really Simple SSL』を導入する前に、サーバー側で独自SSLを設定しておく必要があります。

ちなみに、エックスサーバーなら無料で独自SSLを利用できます!!

詳しくは下記の記事を参考にしてみてください。

 

『Really Simple SSL』を有効化してサイトをSSL化させよう!

鍵 南京錠

 

SSL化といっても『Really Simple SSL』をインストールして、有効化するだけです。

とくに難しい設定は一切不要で、たったこれだけでサイトがSSL化します。

 

「え?嘘だ?」

と思った方。

騙されたと思ってお試しください。

 

うまくSSL化できない場合は『SSL Insecure Content Fixer』を使おう!

『Really Simple SSL』だけではうまくSSL化できない場合は、『SSL Insecure Content Fixer』というプラグインを併用しましょう。

SSL Insecure Content Fixer

≫SSL Insecure Content Fixer

 

SSL化ができないのは、htmlやCSSといったコードが正しく調整されていないバグが原因です。

このプラグインを有効化することで、強制的にSSLのバクを修正してくれます。

※『Really Simple SSL』にもバク修正機能はついていますが、『SSL Insecure Content Fixer』の方がより強力な修正が可能です

設定方法

『SSL Insecure Content Fixer』を有効化したら、管理画面左メニュー『設定』から『SSL Insecure Content』を選択して設定画面を表示させます。

 

上から修正力の強い順にチェックボックスが並んでいるので、うまくSSL化されるまで順番にチェックを入れながら試してみてください。

SSL-insecure

↓↓↓

その他の設定には触れずに、デフォルトのまま『変更を保存』しましょう。

その他の設定

 

これで無事にサイトがSSL化されるはずです!!

最後に

以上、サイトを一瞬でSSL化させる『Really Simple SSL』プラグインについてでした。

さっそくサイトの安全性を高めていきましょう!!!


ご拝読ありがとうございました。

コメントやご質問はお気軽に、ページ最下部にあるコメント欄よりお願いします。

柳井 謙一