Amazonオリジナル商品販売

 

柳井 謙一

こんにちは!

柳井です。

 

Amazon転売というと、個人ビジネスの方法として有名ですよね。

実は私も一時Amazon転売をしたことがあるのですが…

売上があっても、利益(手元に残るお金)はほとんどでないという事態に直面しました。

 

そこで転売を止めて、オリジナル商品の開発販売をするようにしました。

単純な転売と比べ回転数は落ちますが、それでもしっかりと利益が出るので、今はオリジナル商品一本です。

 

今回はAmazonでオリジナル商品を販売する際の、商品開発と販売促進のポイントについて解説していきます。


Amazon転売とは? メリット・デメリット

Amazon転売とは、一般的には海外AmazonやeBayなどから並行輸入品を安く仕入れ、国内Amazonで高く売って価格差を儲けるという方法です。

オリジナル商品の前に、Amazonの転売についてメリット・デメリットをまとめておきます。

※すでにAmazon転売を知っている方は読み飛ばして頂き、「Amazonで販売するなら、転売でなくオリジナル商品の販売がオススメ」から読み進めて下さい。

 

輸入 import

Amazon転売のメリット

1. ブランド商品を売れる

海外からブランドとして名の知れた商品を仕入れることがほとんどなので、仕入れて販売すれば高い確率で売れます。

2. 出品の手間がかからない

Amazonでは1商品1ページという決まりがあり、同じ商品を出品する場合は全員同じページ内で出品していきます。

Aという商品を5人が出品する場合、1つの商品ページに5人の出品者がいるイメージです。

 

そのため自分で画像撮影や文章作成をする必要がなく、既にある商品ページに参画するだけなので出品に手間がかかりません。

つまり価格差の取れる商品さえ見つけてしまえば、比較的誰でも稼げるということです。

3. AmazonFBAを使えば受注対応・発送の手間を省ける

AmazonFBAとは、Amazon倉庫に商品を預けAmazonが自分の代わりに受注対応と発送を行ってくれるというサービスです。

FBAを利用すると、自分で商品の受注対応・発送をする手間が省けます。

販売から発送までAmazonがしてくれるため、本業があるサラリーマンは仕事が忙しくても販売を自動化することが出来ます。

Amazon転売のデメリット

1. 参入者が多く、価格競争が起こる

誰でもできるということは、参入者が多いということ。

つまり、“参入者が多くなれば自然と価格競争が起こる”ということです。

 

1商品1ページが規約として決まっているAmazonでは、自分専用の商品ページを作って販売することが出来ません。

たとえば下の商品ページを見てみてください。

この商品については、同一商品を販売している出品者が44人もいるということになります(下部の赤枠)。

 

Amazon画面

 

この中から自分の商品を選んでもらうには、ページ内のカートボタン(上部の赤枠)を獲得できるかが鍵で、安いものが優先的にカートボタンを獲得出来る仕組みになってます。

※評価が良いと獲得しやすいと言われますが、価格ほど影響力はありません

 

つまり出品者が多い商品を売ろうとすると、価格を安くする以外にカートを取得する術がないということになります。

ちなみに価格差から逃れるために自分専用のページを内緒で作ることはできますが、Amazonの監視は日々厳しくなっており、規約違反のページは即刻削除される可能性があります。

2. 利益が薄い

以上の様に、価格競争が激しい転売では、利益が出せないことがほとんどです。

せっかく安く仕入れても、販売時に価格競争が起こってしまい…

結局赤字になってしまうということは多々あります。

 

柳井 謙一

私も価格競争には何度も巻き込まれました…

3. 返品があると大赤字

Amazonではお客さんの返品・返金にはほぼすべて対応しており、原則、出品者側で返品・返金を断ることはできません。

たとえ、商品が開封されていてもです。

 

未開封の物であれば再度売り直すこともできますが、開封済みの商品は返品されてもそのまま再度販売するわけにはいきません。

しかたなく中古販売をすることになりますが、さらに価格を安くしなければならないので、大赤字になる可能性があります。

 

柳井 謙一

私が返品を受けたものの中には、破損していたものもあったりして…

一瞬で今までも利益が吹き飛んだという経験があります。

4. 長期的に利益を得るのが難しい

一時はブームになったAmazon転売ですが、比較的簡単にできることから参入者が増えすぎて、年々価格競争が激しくなっております。

一時的に稼げたとしても、今後長期的に稼ぐことは難しいといえます。

 

【関連記事】

Amazonで物販するなら「転売?オリジナル商品?」どちらがいいの?

私がAmazon転売を辞めた理由【50万の大赤字とグレーな手法にうんざり】

 

Amazonで販売するなら、転売でなくオリジナル商品の販売がオススメ

Amazon転売で伸び悩んでいる方・これからAmazonで何か物を売りたいと考えている方は。

単純な転売でなく、オリジナル所品の販売をオススメします。

オリジナル商品

オリジナル商品の場合は、認知度0からのスタートなので売れ残りのリスクもありますが、一度売れ始めると確実に利益を出せるようになります。

オリジナル商品販売のメリット

1. 付加価値をつけて、高く販売できる

オリジナル商品の最大の魅力は自分で価格が決められることです。

相場感のない商品を開発して付加価値を付ければ、高く販売することもできます。

たとえば、コーラをオリジナルで開発しようにも、相場感があるのでそこまで高くすることはできません。

一方で、雑貨や小物、服飾などであれば相場がまちまちだったり、相場感がない物が多いので、付加価値をつければ高く販売することができます。

2. 価格差競争に巻き込まれにくい

オリジナル商品なので、全く同じ商品を出品できる人は一人もいません。

つまり、自分専用のAmazon商品ページを持てるということになります。

自分専用なのでカートボタンを獲得するために価格を安くする必要もなく、常時カートボタンを獲得している状態です。

3. 少ない販売数でもしっかりと利益を取れる

単純な転売の場合は価格差競争があるため、薄利多売で利益を少しずつ積み重ねるしか手がありません。

オリジナル商品の場合は価格を高く設定し販売すれば、販売回数が少なくてもしっかりと利益が取れます。

4. 長期的に利益を得られる

単純な転売と比べ、オリジナル商品は参入者が少なく・増えにくい物販手法のため、長期的に利益を出していくことが出来ます。

似たような商品が沢山開発されれば価格差競争は起こるかもしれませんが、可能性としては低いので、そこまで心配する必要はありません。

オリジナル商品販売のデメリット

1. 認知度がない状態から販売しなくてはならない

認知度の高いブランド品を取り扱う場合は、名前が売れているため商品ページへの集客に困ることはありません。

ところが、名もないオリジナル商品の場合、まずは商品の存在を知ってもらう必要があり、集客にはそれなりの努力が必要になります。

2. 在庫処分がしにくい

例えば名のあるブランドを在庫処分するために、30%OFF、50%OFFと下げれば、まず売れると思います。

一方で、オリジナル商品はそもそも認知度が低く、相場感がない商品のため、価格を安くしたところで売れない場合がほとんどです。

3. 売れない場合は在庫がすべて負債に

高くても売れない、安くしても売れない…

オリジナル商品は、どうしても売れ残りのリスクが伴い、仕入れた在庫がすべて負債になってしまう可能性があります。

4. 多少資金が必要

単純な転売の場合、買い付け時にクレジットカードを使い支払いを先延ばしすることが出来ますが、オリジナル商品となると製造元がクレジットカードに対応していないことがほとんどです。

さらに製造元に代金を支払う際、法人であれば信用から後払いも可能ですが、個人レベルでは前払いが基本になります。

そのため初回発注時に、ある程度の資金が必要になってきます。

柳井 謙一

私が一番最初に作ったオリジナル商品は8万円の食品で、前払いで製造業者にお支払いしました。

 

オリジナル商品の開発はOEM生産で

オリジナル商品を開発するといっても、1から自分で開発しようとすると多額の開発費がかかります。

さらに安定した生産量を保つには、製造設備を整え人を雇う必要があり、個人レベルでどうこうなるものではありません。

 

そこでオススメなのがOEM生産。

OEM生産を簡単に言うと、他社で製造している商品に少し手を加え、自社商品として製造してもらうということです。

OEM生産

OEM生産であれば開発費を抑えられますし、設備投資や人を雇う必要もありません。

OEM生産について詳しくはオリジナル商品卸売りのメリット・デメリット、小売店との契約獲得の戦略までを参考にしてみてください。

 

Amazonでオリジナル商品を販売するための手順

実際にAmazonでオリジナル商品を販売するまでの手順を解説していきます。

 

ステップ

STEP1:商品リサーチ

いきなりオリジナル商品を作ると売れない可能性があり危険です。

そこで、まずはしっかりと市場のリサーチをしていきましょう。

Amazonの売れ筋ランキングを見ながら、どんな商品が売れているのかをどんどんリストにしていき、人気商品でオリジナル開発できそうな物を見つけていきます。

リサーチについてはビジネスに必要不可欠なリサーチも参考にしてみてください。

STEP2:OEM商品の製造業者を探す

ネット検索などで「オリジナル 雑貨」などと検索すると、OEMで生産してくる業者が沢山出てきます。

そこから数社を選び相見積もりを取りながら、最適な業者を選びましょう。

 

TIPS

業者選定は入念に!

業者選定は本当に大切な部分なので価格や納期、対応品質などを見ながら、良い業者を慎重に選ぶようにしてください。

親切な業者であれば、急ぎで欲しい時に快く納期を速めてくれたり、資金繰りが苦しい時は特例で後払いにしてくれたりと、融通をきかせてくれることがあります。

STEP3:オリジナル商品をデザインする

開発する商品と製造業者が決まったら、商品をデザインしていきます。

商品をじっくり見直し、どんな+αが加えられるかを検討してみましょう。

付加価値の付け方については別の記事の「OEM生産でオリジナル商品を開発する際のポイント」を参考にしてみてください。

 

TIPS

デザインで付加価値づくり!

デザインスキルを身に着けておくと、商品のデザイン性を高めて付加価値を付けていくことができます。

たとえば、パッケージやタグ、ステッカーなど、ちょっとリ・デザインするだけで、与える印象はぐっと良くなります。

STEP4:Amazonの大口出品で契約して、商品を登録する

Amazonで販売するためには、出品サービスを契約してセラーアカウントを取得する必要があります。

プランとして月額無料の小口出品と月額4,900円の大口出品がありますが、オリジナル商品を販売するためには大口出品での契約が必要になります。

»Amazonの出品サービス

STEP5:商品を出品して販売開始

セラーアカウントを取得したら、いよいよ商品を出品して販売していきましょう。

大口出品プランの場合、商品を新規に登録するという機能があるため、オリジナル商品をすぐに販売することが出来ます。

 

TIPS

商品登録で躓いたら

どうしてもわからない場合は、カスタマーサポートに電話で問い合わせすると丁寧に教えてくれます。

慣れないうちは大変ですが、何度かやればすぐにできるようになりますよ!

 

Amazonでの集客は、サジェストキーワードとスポンサープロダクトを活用

オリジナル商品を販売する最初の関門が、商品ページへの集客です。

集客アップのためには、サジェストキーワードとスポンサープロダクトを活用します。

 

※なお、いずれの方法もAmazonのセラーアカウントを解説している場合は、Amazon出品大学で効果や設定方法をご確認いただけます。

Amazon出品大学

1. サジェストキーワード(予測検索機能)

サジェストキーワードはGoogleやYahooでも採用されている機能で、検索でよく使われるキーワードを一覧表示するというものです。

サジェストキーワード機能を活用すると、最適なキーワードを効率よく見つけることができるようになります。

 

サジェストキーワード

 

オリジナル商品を販売する場合、名もない商品を売るわけなので、商品名だけでは検索にヒットする可能性は限りなく低いものです。

そこで検索でよく使われるキーワード(商品に関連した)を、商品名だけでなく商品説明文や商品仕様(箇条書き)、キーワードにちりばめ、検索でヒットする確率を高めます。

 

注意点としては、商品と関係のないキーワードを入れないということです。

たとえば、商品が食品なのに雑貨というキーワードを入れるなど。

商品と関係がないキーワードを入れると、Amazonからペナルティを受けることがあります。

 

TIPS

サジェストキーワードを活用した、商品タイトル例

たとえば、オリジナルの猫の雑貨を販売している場合。

Amazonで「猫」というキーワードを入れると、サジェストキーワードに「かわいい 雑貨 おもちゃ インテリア プレゼント」といったものが出てきます。

私であれば商品タイトルを

“【かわいい猫の雑貨】癒しの猫グッズ  インテリア用品、おもちゃに プレゼント用にも”

といった感じで作ります。

2. スポンサープロダクト

Amazon内の専用広告機能スポンサープロダクトを利用すると、関連する他商品のページ内にも自分の商品が広告表示されるようになります。

自分の商品ページだけでなく、他の商品にも自分の商品が表示されるため、お客さんの閲覧機会を増やすことが出来ます。

費用は1クリック2円から設定できるため、少額でも効果的に広告を打つことができます。

 

例えば「雑貨 おしゃれ」で検索して、とある商品ページを見た場合、以下の様に広告欄に関連する商品が表示されます。

 

スポンサープロダクト

 

広告設定時にオートターゲティングとマニュアルターゲティングという2つの設定があるのですが、これは広告表示対象のキーワードを自動で決めるのか、それとも自分で決めるのかということです。

 

初めて使うという方は、まずはオートターゲティングから始めましょう!

オートターゲティングは「このキーワードで検索しているなら、この商品も広告で見せよう」といった感じに、Amazonが自動で広告表示を判断する機能です。

私自身、何度も使っている機能ですが、精度が非常に高く、幅広く的確に広告を表示してくれます。

ちなみに広告の効果についてはレポートが取れるので、クリックされやすいキーワード、購買につながるキーワードなど、後で細かく分析することができます。

 

TIPS

オススメの設定方法

最初はオートターゲティングで幅広く検証して、後でレポートを見ながらキーワードを絞りこみ、マニュアルに切り替えるのがオススメです。

 

【関連記事】

露出強化!スポンサープロダクトの感想とか効果とか【Amazon広告の設定方法】

 

Amazonでの販売促進には、商品紹介コンテンツを活用

出品の際には商品紹介のコンテンツも掲載して、販売促進をしていきましょう!!

商品コンテンツには、商品に込められた想い、こだわり、お客さんへのメッセージなど、付加価値になりそうな情報をすべて掲載して訴求効果を高めます。

 

商品コンテンツは在庫管理の画面から「商品紹介コンテンツを編集」という項目から作成できます。

※Amazon出品大学で詳しい設定方法をご確認いただけます

 

商品紹介コンテンツ作成

 

実際に私が作ったコンテンツがこちら。

商品コンテンツ

 

最後に

以上、オリジナル商品をAmazonで販売する一連の流れをご紹介しました。

楽天、Yahoo、カラーミーストアetc…と様々なストアがありますが、個人的には集客力&出品の手軽さから断然Amazonがオススメです。

これからオリジナル商品を開発・販売される方は、ぜひ参考にしてみてください!


ご拝読ありがとうございました。

コメントやご質問はお気軽に、ページ最下部にあるコメント欄よりお願いします。

柳井 謙一