物販初心者は輸入転売からはじめよう!【Amazon-US、アリババ、タオバオ】

 

柳井 謙一

こんにちは!

柳井です。

物販初心者の方は、仕入の難易度が低い輸入転売からはじめましょう!

今回は輸入転売の概要を解説していきます。


輸入転売とは?

輸入 import

 

輸入転売とは、海外のサイトから既製品を仕入れて、国内で販売するというシンプルな物販方法。

仕入から販売まで専門知識を必要としないため、初心者でも比較的取り組みやすいビジネスです。

 

輸入転売で稼ぐには?

稼ぐ

 

答え、「安く仕入れて、高く売る」

つまり海外と国内の価格差で稼いでいくイメージです。

 

たとえば中国で100円とかで変える商品を国内で1,000円で売るといった感じで。

関税や送料がかかるので最終原価は300円とか400円位にはなりますが、それでも600円の価格差を稼ぐことができます。

商品は、どこから仕入れるの?

Amazon-us

 

仕入先の海外サイトはいくつかあり、

  • AmazonUS
  • eBay
  • アリババ
  • タオバオ

この辺が有名どころです。

 

基本的には、ブランド商品を扱う場合はAmazonかeBayで仕入れ、ノーブランド商品はアリババかタオバオから仕入れます。

 

外国語が分からないけど仕入れられるの?

英語 外国語 翻訳

 

外国語のサイトから仕入れようとすると、最初だけ少し苦労します。

ただ私の経験上、大変なのは最初の1週間くらいで、分からない単語をGoogle翻訳で調べたりしながら使っていればすぐに慣れます。

ちなみに中国語のアリババ、タオバにいたっては仕入れに代行業者を使うため、中国語が分からなくても全く問題ありません。

 

 

TIPS

Google翻訳アプリで、サイトごと翻訳!

グーグルクロームのGoogle翻訳アプリをインストールすると、ページごと翻訳する機能が使えるようになります。

≫Google翻訳アプリ

翻訳

まぁ、むちゃくちゃな訳になることもありますが、ページごと翻訳しちゃえば何となく書いてあることが理解できるようになりますよ!

 

仕入れた商品はどこで売るの?

 yahoo-ショップ

 

商品を販売する方法は、ネット販売がメインになります。

たとえば

  • Amazon.jp
  • BUYMA
  • メルカリ
  • フリル
  • Yahooショップ
  • 楽天

といった感じで、上記以外にも販売できる場所は無数にあります。

 

それぞれの場所で得意・不得意の分野があり、商材によって売りやすいものと売りにくいものが分かれます。

たとえばアパレルであればメルカリ、フリル、BUYMAあたりが売りやすく、電化製品やゲームはAmazon、様々な商品を扱いたいのであればYahooショップや楽天といった感じで特性が分かれます。

 

販売前に、自分の商品がどこに適しているのか、入念に検討しましょう。

 

最後に

物販の第1ステージとして、輸入転売はぜひ挑戦してほしいなと思います。

仕入・出品・顧客対応、一連の流れを繰り返し経験することで、ビジネスの感覚が少しずつ磨かれますよ。

ぜひお試しあれ!


ご拝読ありがとうございました。

コメントやご質問はお気軽に、ページ最下部にあるコメント欄よりお願いします。

柳井 謙一