『TeraPad(テラパッド)』htmlとCSSを編集できるフリーソフト、文字化け変換にも便利!

 

柳井 謙一

こんにちは!

柳井です。

 

 

htmlとCSSの知識を多少なりとも身に着けておくと、ブログやウェブサイトでできることが広がりますよ!

(グローバルナビゲーションの色を変えたり、ヘッダーの任意の場所に文字を入れたりなど)

 

今回はhtmlやCSSを少しだけいじりたいという方向けに、無料で使えるhtml・CSS記述用のコーディングソフト『TeraPad(テラパッド)』を紹介します。


TeraPad(テラパッド)の魅力

TeraPad-Icon

≫TeraPad(テラパッド)

無料で使える、ちょっとした記述をする際に便利

無料で使えるフリーソフトなので気兼ねなく使えます。

よほど本気でhtml、CSSを学ぶなら話は別ですが、ちょっとしたhtmlやCSSを記述したいというだけならTeraPadで十分です。

ちなみにがっちりコーディングをするなら、Adobe DreamWeaver(ドリームウィーバー)がオススメです。

動作が速く、シンプルな画面

軽いソフトなので、パソコンの動作を妨げるようなことはありません。

起動もあっという間に起動します。

画面がシンプルかつ大き目の文字サイズなので、初心者でもとっつきやすいと思います。

 

たとえばhtmlを記述するとこんな感じで、

TeraPadHTML

 

CSSを記述するとこんな感じです。

TeraPadCSS

文字化けの変換に重宝

CSV系のファイルに多いのですが、エクセルで開くとガチャガチャに文字化けしてしまうことってありませんか??

CSVファイルがエクセルで文字化けしたら、テラパッドでCSVを開き『UTF-8』で保存し直すと、エクセルで開いた時の文字化けが治ります。

私の場合、コーディングでテラパッドを使うことはありませんが、この文字化け変換作業にテラパッドを重宝してます。

文字化けの治し方を画面で解説

Step1: 文字化けした際はTeraPadでCSVファイルを開き、『文字/改行コード指定保存』を選択。

TeraPad1

↓↓↓↓↓

Step2: 文字コードを『『UTF-8』に替えて保存し直せば、エクセルで開いても文字化けしなくなります。

TeraPad2

 

以上、無料のコーディングソフト、テラパッドについてでした。

シンプルで使いやすいソフトなので、htmlとCSSを記述する際に活用しましょう!

 

≫テラパッドのダウンロードはこちらから


ご拝読ありがとうございました。

コメントやご質問はお気軽に、ページ最下部にあるコメント欄よりお願いします。

柳井 謙一