私が半年でWEBデザイナーになるために実践した荒業【html,CSS,WordPressまで】

 

柳井 謙一

こんにちは!

柳井です。

もともと私は紙媒体のデザインが専門で、WEBデザインには触れたことがありませんでした。

WEBデザインを習得したのは社会人を10ヶ月で脱サラした後です。

会社を辞める時に「紙媒体のデザインで生計を立てようにも、単価が安いし案件を探すのも大変… WEBデザインなら仕事が多そうだ!」

と軽い気持ちから、WEBデザイナーになる決意をしました。

それから半年間でhtml、CSS、WordPressの基礎を身に付け、半年後には下請けのフリーデザイナーとして受注をとっておりました。

そんな私が、半年でどうやってWEBデザインを習得してきたのか、実践方法を解説していきます。

WEBデザイナーを目指す方は参考にしてみてください!


WEBデザイン習得前の私のスキルについて

WEBデザイン習得前の私のスキルについて

もともとデザイン系の大学を出ており、就職も中小企業の企画部門でデザイン系の仕事をしていました。

そのためWEBデザインを学び始める以前から、紙媒体のデザインであれば一通りできる位のスキルがありました(イラストレーター、フォトショップは問題なく使えるレベル)。

 

ただ、WEBに関する知識は皆無で

「html?CSS?何それ?」

「WordPressってWordの機能か何か?」

というような状態でした。

 

脱サラした後に、ノリでWEBデザイナーのバイト採用試験を受けたことがありますが

当時の就職試験で「SEOとは何の略か?」という質問があり、

当時は意味が分からなかったので「Shopping Engine Organize」と書いたのを覚えております。

※正しくは“SEO”は“Search Engine Optimization(検索エンジン最適化)”の略です

 

もちろんバイトは落ちました!(笑)

 

WEBデザインを身に着けてよかったと思うこと

WEBデザインを身に着けてよかったと思うこと

WEBデザインを習得して約5年になりますが、習得していてよかったと思うことは沢山あります。

  1. ホームページを好きなようにデザインできる、制作できる
  2. WordPressを好きなようにカスタマイズできる
  3. 自分でサイト、ランディングページ、バナーを制作するので外注費がかからない
  4. 高額なWEBサイト制作案件を受注できる(30~80万円)

という感じで上げだしたら習得後のメリットはキリがありません。

 

特に年間で2~3本くらい高額のサイト制作案件を受注しておりますが、結構な稼ぎになるので習得しておいて本当に良かったなと思います!


以上前置きはここまでで、ここからは、私が半年でWEBデザインを習得した荒業をご紹介していきます!

1.WEBデザインの勉強はhtmlとCSSから

WEBデザインの勉強はhtmlとCSSから

イラレ、フォトショップを使えたこともあり、デザイン自体にはそこまで不安はありませんでした。

そこでデザインの勉強はすっ飛ばして、最初から実装に必要なhtmlとCSSを勉強していきました。

当時の入門書が何だったのかを忘れてしまったのですが、チュートリアル形式で実際に簡単なホームページを作っていくという内容の物でした。

本に沿って、たしか1週間位で一番初めのサイトを立ち上げたと思います。


TIPS

htmlやCSSでなくWEBのデザインを勉強したい方へ

WEBのデザイン(魅せ方)を磨きたいのであれば、ひたすら参考サイトのモデリング!

これにつきます。

いろんなサイトを見ながら、それを参考に作っていけば勝手に身についていきますよ!

 

2.コード記述はDream Weaverで(現在も愛用中)

htmlやCSSを記述するために私が使ったソフトはDreamWeaver(ドリームウィーバー)というAdobeのソフトです。

 

DreamWeaver ドリームウィーバー

 

DreamWeaverはコード記述のための補助機能が豊富で、htmlやCSSが非常に効率よく書けるため、今でも私が愛用しているソフトです。

超メジャーなソフトなので、おそらくほとんどのWEBデザイナーがこのソフトを使ってます。

 

TIPS

html、CSSって?

簡単に言うとhtmlはホームページを実装するために書く文章(コード)で、ホームページの骨組みを形成するものです。

CSSは装飾用のコードで色とか配置を指定するコードです。

 

3.練習かねて、知人のサイトを3つ立ち上げ

ホームページ

最初のホームページを作った後、知人3名がホームページを作りたいという事だったので、とりあえず練習を兼ねて無料で作ることに。

とりあえず手を動かしながら、分からないことは入門書を見たり、Google先生に聞いたりしながら、とにかく3サイトを立ち上げていきました。

ここまで2か月かからなかったと思います。

 

4.勉強開始から3か月目で、ノリで受注開始!

勉強開始から3か月目で、ノリで受注開始!

そんなこんなでポンポンとホームページを作っていったのですが、

「意外と簡単にホームページ作れるし…もう仕事受けられるな!」

と勘違いした私は、勉強から3か月目にして仕事を探し始めます。

 

ネットで「WEB 制作」と入れると色んなホームページ制作会社が出てきたので、その中でも個人でやってそうな小さなところに

「始めました。ホニャララ~ htmlとCSSでWEBサイト作れます!実際に作ったのはコチラのサイトです(知人のサイトを実績として見せる)」

という感じで5件ほどメールしました。

 

そのうちの1件から、ぜひ手伝ってほしいというメールを頂き、3か月目にして仕事を受け始めます。

今考えると…よくもあれだけ経験値も何もないのに受注したなと(笑)

 

5.最初の案件からWordPressでサイト構築を求められる

 

ところがですよ。

ここで大きな落とし穴が…

 

そもそも仕事を探している時は「ホームページってhtmlとCSSで作ればいいんでしょ」と思っていたのですが…

最初の案件からいきなり「WordPressで構築してください」と言われるわけです。

 

WordPressと言われても、先ほど書いた通り「WordPressってWordの新機能かなんか?」という位、全く無知の状態でした。

そこで2冊、WordPressの本を買って勉強しながら仕事をするという、とんでもない荒業というか愚行をします。

その時に読んだ本がAmazonの購入履歴に残ってました!

 

WordPress レッスンブック 3.x対応WordPress 3 サイト構築スタイルブック

 

ちなみにWordPressはhtmlとCSSにプラスしてPHPというプログラミング言語が絡んでくるわけですが、これがマジでわからな過ぎて…

ヒーヒー言いながら徹夜で仕事兼勉強をしたのを覚えております。

いや~この時は本当にきつかった。

だって納期があるのに、まったくスキルが足りていない状態なんですもん。

 

そうこうしながらも、何とかWordPressで構築したHPを納品したのですが、以外にもクライアントには満足してもらいホッとしたのを覚えております。

ちなみにこの時に納品したWEBサイトの報酬は50,000円…破格ですね(笑)

それでも、当時の私は初の仕事ということもあり、達成感と満足感が半端なかったのを覚えてます。

 

6.右も左も修羅場だらけ

右も左も修羅場だらけ

その後もWordPressの案件が何本も入って来るのですが、毎回修羅場しかありません。

徹夜は当たり前で、ひどいときは30時間位、PCの前に張り付いている時も…

 

「エラーが出たけど解決方法がわからない…」

「カスタム投稿タイプ?なにそれ?」

「スライダーはどうやって実装するんだ?」

「html5で構築って言われたけど、htmlって1種類じゃないの?」

「SEO対策?まずはSEOの意味から理解せねば」

 

とかとか、

こんな散々たる状況で何とか仕事を進めていたわけです。

 

TIPS

私はわからないことのほとんどを、Google先生に聞いて解決してきました。

Google検索こそ、どんな本よりも優れた情報源です。

 

修羅場を潜り、気づくと…

修羅場を潜り、気づくと…

その後も、経験不足から修羅場を何度も潜り、途中で挫折しそうになりながらも何とか仕事をこなしていきます。

そうこうしながら半年位して気付いた時には、html、CSS、WordPressは基本的なことをマスターしており、クライアントから求められた要望にもほぼ応えられるまでに上達していました。

 

ちなみにプログラミング言語のPHPについては今でも専門的なことはわかりませんが、WordPressレベルのPHPであれば特に問題に感じたことがありません。

 

TIPS

WordPressはプラグインというアプリのような機能が揃っているので、例えば「カレンダーの機能が欲しい!」と思えばプラグインをインストールして“有効化”のボタンをぽちっと押せば導入できてしまいます。

 

上達への近道は、自分を追い込む状況に身を置くこと

上達への近道は、自分を追い込む状況に身を置くこと

結局、今のスキルだけではどうにもならない壁にぶち当たった時こそ人間必死になるので、そういう時はスキルが一気に上達します。

私は火事場の馬鹿力というやつを身をもって体験したので、はっきりと言えます!

 

必ずしも私のような荒業をする必要はありませんが、ある程度のスキルが身に着いたらすぐに実践の場、つまり実際に仕事を受けていくことが上達への近道です!

仕事となると納期があり、さらにクライアントの要望に応えていくというプレッシャーがかかるため、本気度も違ってきますよ!

 

 

 

以上、私が半年間でWEBデザイナーになるために実践した荒業です。

さて参考になったでしょうか??(笑)

 

「ん~大枠理解したけど、まだよくわからん!」

そんな方は、お気軽にご質問くださいね!

 


記事が役に立ったと思う方は、シェアをしていただけると非常に喜びます。

 

コメントや質問があれば、下記のコメント欄よりお願いいたします。

柳井 謙一