『絶対と言われれば…』おすすめのWordPressプラグインは王道の5つだけ(初心者向け)

柳井 謙一

こんにちは!

柳井です。

『WordPressは設置できたけど、プラグインってどれを選べばいいの?』

WordPressに触れはじめたばかりの方は、こんな疑問を持つのではないでしょうか?

で、WordPressプラグインって何本あるのかな?と思って調べたのですが…
2017年5月4日時点で、なんと49,964本ものプラグインが!

これを一つ一つ検証していたら、一生かかっても終わりません(涙)

 

そこで今回は「絶対と言われたら…これだけは!」という、王道のプラグインを5つ紹介します。
※オマケで、あってもいいプラグインも1つ紹介

ちなみに私自身で1,000本以上は検証してきたので、結構自信があります!
というか王道すぎて普通かもしれません(笑)

初心者の方は参考にしていだき、プラグイン選びに無駄な時間を費やさないようにしてくださいね!


必須プラグイン

WordPressをインストールすると、すでに搭載されているプラグインが3本あるとおもいます。

WordPressが公式に推奨していて必須だからこそ最初から入っているものなので、まず何よりも“Akismet(アキスメット)”“WP Multibyte Patch(マルチバイトパッチ)”は必ず有効化しておきましょう!

“Hello Dolly”はサンプルプラグインみたいなものなので削除しちゃってOKです

Akismet

Akismet

スパムコメントを防ぐ、WordPress純性プラグイン。

ブログのページビューが伸びてくるとスパムコメントも比例して増えはじめるのですが、1日に10以上もクソのようなコメントがつくことも。

 

Akismetを有効化しておくとAkismet Webサービスがブログへのコメントがスパムかどうかを自動判断して、スパムの場合はブロックしてくれます。
スパムコメントは15日経つと自動削除されるので、余計なゴミも溜まりません。

『スパム以外もブロックされるのでは?』と思う方もいるかもしれませんが、管理画面からコメントを個別確認できるので安心してください。

 

有効化にはWordPressアカウントが必要になりますが、サイトの健全性を保つために必ずアカウントを取得して有効化しておきましょう。

≫Akismet

WP Multibyte Patch

もともと英語圏で開発されたWordPressを、日本語対応に調整してくれるパッチプラグインです。

おそらく日本でWordPressを使っていて、このプラグインを使っていないという人はいないでしょう。

 

「調整?パッチって?」

まぁ、難しいことは抜きに有効化しておきましょう。

≫WP Multibyte Patch

Jetpack by WordPress.com

Jetpack by WordPress.com

普通は1プラグインに対して1機能が基本なんですが、Jetpackはこれ1本で30種類以上の優れた機能を使えるようになる超優良プラグインです!

例えばフォトギャラリー、サイトの統計情報、スマフォ最適化、SNSいいねボタン、SNSと投稿の自動紐づけ、サイト高速か、お問い合わせフォーム設置機能など。

 

定期的にバージョンアップされるのですが、その度に機能も使いやすさもグングンよくなっていきます。

プラグインをどれにしようかあれこれ悩む前に、Jetpackを入れておきましょう!

≫Jetpack by WordPress.com

TinyMCE Advanced

TinyMCE Advanced

投稿ビジュアルモードの文字ツールを、拡張することができるプラグイン。

WordPressでの記事を書くときはhtml不要のビジュアルモードを使うことが多いと思いますが、標準の文字ツールだけだとしょぼいんですよね。

 

投稿画面上に表示される標準搭載の文字ツール。
寂しいですね…

機能が少ない

 

TinyMCE Advancedを有効化すると、設定画面から文字ツールが追加できるようになるので、文字サイズ、区切り線、文字色、背景色などなど、好みに合わせてどんどんツールを追加できます!

文字ツール追加

 

投稿画面に戻ると…
文字ツールが増えました!!

文字ツール増える

≫TinyMCE Advanced

SiteGuard WP Plugin

SiteGuard WP Plugin

初心者でも簡単・手軽にサイトの安全性を高められるプラグイン。

開設したてのブログがハッカーに狙われることは、そうそうないと思いますが、一応サイトのセキュリティ性も上げておきましょう。

 

設定項目が少ないので、他のセキュリティプラグインと比べても手軽さ抜群。

サイトガード

 

国内ユーザーも多いので、信頼性の高いプラグインですよ!

≫SiteGuard WP Plugin

 

あってもいいかもプラグイン

Table of Contents Plus

Table of Contents Plus

h1~h6で書かれた記事タイトルを読み取り、目次を自動生成してくれるプラグインです。

賢威テンプレートを使っていない人で、がっつりブログを書きたいという方はインストールしておくと便利です。
※賢威テンプレートには目次自動生成が標準搭載

 

自動生成された目次は、こんな感じ。
h2が大見出しになり、h3以降はh2の副題的な扱いになります。

サイトの目次

 

目次のタイトルをクリックすると

目次クリック

 

ニュ~ンとして記事のタイトルにスクロール

スクロール

 

記事のタイトルにジャンプしてくれます。

記事タイトルジャンプ

≫Table of Contents Plus

 

最後に

WordPressプラグインは数が多いので、最初の内は選ぶのに本当苦労します。

といっても使えるプラグインは限られているもので、最初の内はこの5本をしっかり使いこなし、必要に応じて徐々に増やしていきましょうね!

 

もし「他に何かいいプラグインないかな?」と探している方は、下記の記事も参考にしてみてください。

【2017版】オススメ19選!私が必ずにインストールするWordPressプラグイン


ご拝読ありがとうございました。

コメントやご質問はお気軽に、ページ最下部にあるコメント欄よりお願いします。

柳井 謙一